月別アーカイブ

2016年11月の記事一覧

Data:2016.11.29

AI。

にっぽむ【2016年11月28日】

これから先、どんどんAIの世の中になっていくのは間違いない。

最近、Amazonに関して研究していってるのだけど

これがおもしろすぎる。

どういう仕組みでどういう構造になっているのかを探っていくと

なんという素晴らしい仕組みを作ったのであろうかと思うほどに秀逸。

これは株価が今後1000ドルになるという証券アナリストのコメントにもうなずけると思った。

ジェフベソス。

すごすぎる。

Data:2016.11.27

集中力。

にっぽむ【2016年11月26日】

ビジネスを成功させていこうとするには確実に集中力が必要な気がする。

持続した集中力が圧倒的に成功できるかどうかを左右するだろうと思う。

確かに、行動力とかも重要なのかもしれないけど それはその瞬発的な能力であり、

行動しても続かなければ意味がない。

最近、いろいろな人と出会ったり話をする機会が増える中、

成功できない人、成功できる人の違いが見える。

社長の中でも、バツグンに成功していっている人は ビジネスにおける集中力が全く違う。

おそらく24時間365日ずっと考え続けられる ノリなんだと思うし、

話ていても楽しそう。

遊びが仕事、仕事が遊びの領域に入っていくと 仕事っていう概念がなくなってきて、

全てがおもしろくなる。

Fundoshi Inc.の結果から言っても集中力が続いてある領域までくると 全てがうまく機能するから、

この集中力っていうのは成功のカギを握るのは確かだと思う。

だから、集中力を年単位で保ち続けることが大切。

Data:2016.11.26

やったもんガチ。

にっぽむ【2016年11月24日】

おもろいなぁ~。

最近、ある程度飯を喰えるようになってきて

メーカーで働いてる子とか不動産の子や学生の

若手の子と遊んでいると、「僕も自分でなんかやりたいんですよ」っていうから

絶対やったほうがええで。

と言うのだけど、そういった瞬間、急にテンションが落ちて躊躇し始める。

確かに、自分が会社を辞める時も躊躇がなかったわけではないし

不安が全くなかったかというと嘘になる。

独立してやるということと、会社に属してやるっていう狭間には

何か目に見えない大きな溝というか壁が立ちはだかっているように感じるのだ。

でも、実を言うとそんな溝はアホほど浅くて、

飛び越えた時には、やるかやらんかやんっていうほどしょばいことだったことに気づく。

正直、今になるともっと早く始めておけばよかったと思うし

命まで取られるわけじゃないし、過去のことなんて笑い話だし。

だから、やるって決めてやる。

これだけなんだよなぁ~って思う。

まぁ~やらない奴はいつの時代もやらないし

やってる奴は勝手にやって成功していくし

いつの時代も永ちゃんの言う通りでしかない。

Data:2016.11.25

取材。

にっぽむ【2016年11月23日】

本日は、『ダ・ヴィンチ』のライターさんに取材してもいました。

日々、取材する側なのに取材される側になると妙にはずい。。。

6月に出版した、『勝ち組ラーメン』。

勝ち組ラーメン

これを出版するにあたっての取材ということで、いろいろと話をした。

なんかすっごい昔の感じがするのだけど、この取材と原稿を書いていたのはちょうど去年だったのに

自分でも驚いた。

時間の流れが速すぎて、ちょっとわからなくなった。

それにしても、ライターさんはやっぱり知的な女性だった。

ラーメンという枠組みにとらわれない発想まで転換して物事を捉える感性はすごい。

スポーツ界でもプロ野球選手の記事を書くことの多い彼女は

「この本に書いてあることって野球選手とも当てはまることが多いんですよ」

って。

すごい。

正直、この本を書いていて思っていたことは、ラーメンだけでなく全ての業界で

成功する方たちに共通する本質的な原理・原則っていう肝があるんやなってこと。

そういう、マインドというか肝しか書いてなくて、ってか成功しているラーメン店主さんが

言っているのは、細かなノウハウっていうより、そういう部分が大半だから。

だから、多くの人に読んでもらえるといいなぁ~ってあらためて思った。

Data:2016.11.22

利益。

にっぽむ【2016年11月21日】

本日は、求人のコンテンツをゲットするために撮影とインタビューに行ってきました。

いやぁ~。調子のいい企業はやっぱり社内の雰囲気がまるで違う。

企業理念がしっかりしているからというよりは、売上が拡大してしっかり利益が出ているからに他ならない。

利益をしっかり出して、スタッフに還元できる企業体質を作れていると

自動的に社内の雰囲気はよくなりモチベーションがアップする。

そして、自発的にスタッフが取り組む風土が作れて売上・利益共に右肩上がりになるという

好循環が起こる。

結局、崇高な企業理念を作って、企業ミッションを追求したとしても

売上があがらず、特に利益が出ない体質になるとやる気が出ることはないし死亡。

そういう観点でいくと、確実に売上・利益が伸びていく仕組みを構築しなければならない。

今日は、すっごい参考になった。

ここの会社の社長は自分と同じ33歳。

いやぁ~負けてらんねぇ~。って思た。

Data:2016.11.20

ジョイント。

にっぽむ【11月19日】

今、ジョイントして事業立ち上げようとテストマーケティングをまずはかます動きをしている。

やっぱり、ある特定の分野ではプロ!!

という社長連中が集まって事業立ち上げをするっていうのは

おもしろすぎる。

話が早いし。サクサク物事が進むからストレスフリー。

ただ、テストマーケティングを外すと全員のテンションが下がって終わっていくから

これ、わたくし、なかなかの重要な立ち位置にいるから

マジちょっと本気を出そうかな。

まぁ~当たる気しかしないんだけど。

Data:2016.11.17

ゲーム感覚。

にっぽむ【2016年11月16日】

ゲーム感覚っていうのは絶対的に大切。

絶対、当ててやるって意気込んでやると何故か成功しない。

Fundoshi Inc.も絶対かましたんでぇ~といってやり始めたメイン事業はTake offまで2年半もかかった。

かなり気負いがあったんかな。

でも、これおもろいやんっていう感じで始める事業はなぜかラクに当たる。

まぁ~今のリソースがあるし、そんな大きな規模を目指してないからそう思うのかもしれないし

2年半前とはまるで次元が違い過ぎるから一概にYes

とはならないのだろうけど

ゲーム感覚でやる事業領域は当たる。

まぁ~。

ゴルフと一緒で、300ヤードや!ってドライバーを振ると終わるのと一緒で

ゲーム感覚で体の力を抜いて物事に取り組まないとあかんなぁ~。

Data:2016.11.16

巻き込む力。

にっぽむ【2016年11月15日】

毎年、毎年いろいろと多角的に考えて新規事業の立ち上げをしていこうと思っているのだけど

結局、それをやる人間がどこまで本気になってそれに没頭できるかということが

立ち上がるか、立ち上がらないかを決めるのは間違いなし。

自分があんまり理解してない分野で資本を入れて任せた事業ほどしくじることはない。

でも、自分がほぼ完璧に熟知して設計して任せたことは大体当たる。

まぁ~要するにその主体者の能力とかやる気も大きな影響を持つけど、

そもそもの設計が間違うと結果が出ないっていう要素の方が強いかな。

そして、結果が出ないとモチベーションが下がって負のスパイラルに突入。

地獄絵図。

だから、事業の設計が一番重要なんだけどね。

ただ、立ち上げる事業を確実に

「おいっすぅ~やっときましたわぁ~。」

「ういっすぅ~受注できましたわぁ~。」

っとかって言って

そこにBETしてゴリゴリかましてくる奴以外は

事業を立ち上げることはできないんだろうと思う。

周りを勝手に巻き込む力。

そういう奴が成功を収めるんだろうなぁ~って思う今日この頃。

たしかにその通りか。

Data:2016.11.12

投資は魅力度。

にっぽむ【2016年11月11日】

最近、証券会社さんの営業さんとかWEB関係の会社の営業さんとかが

Fundoshi Inc.に営業に来てくれる。

モノ好きもいるもんだなぁ~と感心してしまう。

ただ、投資案件として魅力があるのは投資利回り。

100万突っ込んでそれがどれくらいのリターンを年間で生み出すかというと

利回り4%で4万という。。。

それだと、事業投資に回す方が確実性が高くてリターンも大きいからおもしろい。

だから、魅力が感じられないのだなぁ~。

それに、Fundoshi Inc.の今の規模だとレバレッジが効くほどの金融商品を購入できないから

リターンがしょぼすぎて面白味がない。

これが例えば、2000万円くらい購入できるとしたならば

配当利回りが4%として80万円のリターンがあり

そこから税金が引かれたとしても、月々のおこずかいが増えるという感覚と考えれば

まぁ~いいかなと思える。

やっぱレバレッジが効くレベルにならなければ

全くもって金融商品を買う意味はないなぁ~。

もっとがんばらなあかんなぁ~。

Data:2016.11.11

新規事業はそう簡単にうまくいかなし。

にっぽむ【2016年11月10日】

いやぁ~新規ビジネスはそう簡単に上手くいかせてくれない。

神のいたずらとでもいうか、なぜかなかなかTake offさせてもらえない。

魔物が住んでるんちゃうんか!?っておもうほどに。

くぅ~。

今回立ち上げた新規事業が完全に1年間マイナス事業に転換することになりそうだ。

というかほぼそうなるだろう。

成長性はかなり高いのだけど、商品構造的にそうならざるを得ない。

規模の経済が働かないと上手くいかない業界というか商品の販売はむずいな。

なかなか大変だ。

それにしても、おもしろいなぁ~。

こんなにもいろいろな勉強というかリアルに経験を積めるのがおもしろすぎる。

製造から販売までのプロセスを理解しつつ

購買頻度とマーケットの関連性をつかみながら利益を出せるようにしていく

ビジネスモデルを作るっていうのは、これはレベル高い。

上級者編の事業だし。

それに、これはめっちゃいいやんという黒字事業がいきなり赤字事業に転落するのだから。

Fundoshi Inc.の収益をもたらす事業の母体がしっかりしてきたから正直

あまり大きな問題ではないのだけど、

完全に今期の計画を変える必要がある。

投資ポートフォーリオ的に、この新規事業へのお金と時間の配分を上手くしながら

他の事業ドメインの拡張に励まないと1年を完全にロスすることになるだろう。

1年、1年の動きが超大切だからね。

ページトップへ!